マンタの乱舞と泳げるのはココだけ!季節限定ぐるぐるマンタ【7月~9月】

ハニファル湾

時期限定ぐるぐるマンタ現象

毎年7月~10月頃のみ見られる、マンタ乱舞現象は世界でもここだけと言われている。
モルディブのバア環礁。
環礁全体がUNESCOの生物圏保護地区に指定されている。

マンタ乱舞現象が見られるのは、バア環礁内にあるハニファル湾。
ハニファル湾は、バア環礁の拠点となる国内線空港を持つ小さなローカル島 ダラバンドゥ島から、
ボートで約15分のところにある。

乱舞ベストシーズンは7月~9月の満月前後。
満潮の時に現れることが多いと言われている。

以前まではバア環礁にある高級リゾートからのアクセスのみだったが、2009年にローカル島滞在が
解禁されてからは、バア環礁内のローカル島のゲストハウスやホテルに滞在しつつ楽しめる新しい
滞在スタイルが誕生。

世界中のマンタファンの注目を浴びている。

ハニファル湾

私YASUは、実は海が苦手。
脚が届かない深さなんて怖くて泳げず、ライフジャケットは必須。
ライフジャケットさえあれば、こっちのもの。
どんな深いところでもヘッチャラです。

このマンタ乱舞が見られるハニファル湾は、実は深く、ボートから直接ダイブする。
言わずもがな、ライフジャケット必須。
しかも雨季にあたるからか、うねりのある日が多い気がする。
海で泳いだことない人や、シュノーケルなんて初めてする、なんて人は、
ハニファル湾に行く前に島のビーチである程度、泳ぎに慣れてから出陣!して欲しい。

ハニファル湾

マンタというものは、海面ギリギリまであがってくる。

シュノーケルも(特に私はライフジャケットを付けるので)海面だけを漂い、上から海中を眺める
スタイルなわけで、魚と一緒に泳ぐ感がダイビングと比べてない。
でもマンタの場合は彼らの習性上、シュノーケルでも並んで仲良く一緒に泳げるという素晴らしさが
ある。

しかもぐるぐるマンタというネーミングが付くだけあり、近場でぐるぐる回っているので、
がんばってバタバタ足で後を追いかけて泳がずとも、次から次に、手の届きそうな範囲を悠々と
数十匹のマンタが通り過ぎていくのだ。

それはもう、手を伸ばせば届くかの距離を。
絶対に来てよかった!見に来てよかった!と思わせる、圧巻の感動体験なのです。

マンタ乱舞はバア環礁

バア環礁は、ヴェラナ国際空港から国内線で約30分。
国内線空港があり玄関口となるのは、ダラバンドゥ島。

ダラバンドゥ島は現地の人が住むローカル島で、ここから周辺のリゾート、例えばソネバフシや
フォーシーズンズなど、名だたるリゾートへ移動する観光客が多く見られます。

このダラバンドゥ島にも宿泊できるゲストハウス、ホテルがあります。
2019年6月現在、ザッと数えて10軒はあるでしょう。

民宿風のアットホームなゲストハウスから、海が見えるお部屋を構えるお洒落系ホテルまで
カテゴリーは幅広く、予算と好みから選ぶことができます。

ダラバンドゥ島に滞在する

一周歩いて30分ほどの小さな島で、砂浜ビーチもあり。
ちょうどマンタ乱舞シーズンにあたる雨季は、風向きの関係から島内のビーチは海水浴向きでは
ありませんが(天候によります)、乾季のシーズンは穏やかでシュノーケルも楽しめます。
ドロップオフも近い!

ダラバンドゥ ダラバンドゥ

 

ダラバンドゥ

 

ローカル島の宿泊施設では、モルディブ料理も楽しめる。
辛さが抑えめで、ココナッツミルクたっぷり、コクの深い味わいが特徴のモルディブカレーの具は
魚がメイン。
ヘルシー!!

モルディブカレー

 

ローカル島に滞在するなら外せない!
絶対に食べたいモルディブ式朝ごはん、マスフニ&ロシ。

マスフニは魚のフレークと削りたてのココナッツにライムを絞ったもの。
写真の真ん中に見えるものですよ~。
これは絶品!
モルディブでしか食べられない。

マスフニ

 

お勧めモデルプラン

私Yasuがお勧めする滞在スケジュールをご紹介!

日本から来る方はモルディブ夜着の場合が多いですが、(遅延しなければ)到着後すぐ国内線乗継も
できますよ。
疲れる・・・という方は、首都マーレ近辺で前泊し、翌朝バア環礁へ出発!のスタイルがお勧めです。
国内線は1日5~6便あるので、便利です。

下記は現地3泊4日ですが、できれば4泊5日が理想!

【1日目】
午前: マーレ空港から国内線でバア環礁 ダラバンドゥ空港へ(約30分)
ダラバンドゥ島到着
ダラバンドゥ島のゲストハウス、ホテルにチェックイン
昼:  ゲストハウスで食事
午後: マンタ乱舞シュノーケルツアー(約1時間半)
夜:  BGMは波の音!満天の星空のもとビーチディナー

【2日目】
午前: マンタ乱舞シュノーケルツアー(約1時間半)
昼:  ゲストハウスで食事
午後: 自由行動、島内散策など
夕方: サンセットフィッシングツアー(約1時間半)
夜:  釣りたての魚でBBQ!

【3日目】
終日: サンドバンクツアー ランチ込
夕方: 島内のローカルカフェでモルディブ式アフタヌーンティータイム体験
夜:  ゲストハウスで食事、モルディブ料理にトライ!

【4日目】
午前: 自由行動
12:00   チェックアウト
国内線でマーレ空港へ(約30分)
午後:   マーレ空港到着

 

アドバイス&耳より情報

・マンタ乱舞は自然現象、モルディブは餌付け禁止のため、遭遇は必ずできるものではありません。
そのため、現地で最低3泊以上がお勧めです。できれば4泊!

・リゾート島内では禁止の魚釣りも、ローカル島では自由!
島民に混じって朝釣り、夜釣りも楽しめる。
本格的に楽しみたい場合は、フィッシングボートチャーターでGT狙いも。
ポイントによってはフライフィッシングも楽しめます。

・リゾート島にも行ってみたい!という場合、ローカル島発着の日帰りリゾートツアーが
あります。
朝出発、ランチはリゾートで、夕方頃ローカル島戻り。
1日たっぷりリゾートの雰囲気を楽しめますよ。

・リゾート島に泊まってみたい!場合は、【ローカル島数泊+リゾート島数泊】のアレンジも
可能です。
一旦マーレ空港に戻らずとも、リゾート⇔ローカル島間はチャーターボートでの移動が可能。

 

お問合せ

ご旅行の日程、予算に合わせて、私Yasuがオーダーメイドで最適プランをご提案します!
お気軽にお問合せください。

↓ ↓ ↓

モルディブ現地旅行会社  S&Yツアーズアンドトラベル
*PC向けのサイトです