モルディブ入国 9月10日からPCR検査結果提示が必須に変更へ

未分類

こんにちは!
モルディブ在住 Yasu です。

昨日に引き続き、モルディブ観光業のおけるコロナ関連情報です。
今回は 入国の際の変更 となり、かなり重要ですのでぜひご一読を・・!

PCR検査結果必須に

モルディブ観光省 Twitter にて発表されました。

 

変更点
モルディブ入国時、PCR検査陰性結果が必須になります。
*到着24時間前までに申請必須の “Health Declaration” 内に検査結果の添付箇所あり。
*到着の72時間以内に検査された結果が必要。
*英語表記のもの。

 

 9月10日入国時から適用 とのこと。

モルディブ入国時にモルディブによるPCR検査は全員に行われない、という点は
変更なしのようです。
引き続きランダムでの検査のみのようですね(無料)。
ちなみに到着時、発熱等症状がある場合の検査は有料での検査となります。

あとはリゾートによっては、独自でリゾート到着時にPCR検査が行われる場合があるようです。

自国でPCR検査が可能なのか・・・??

到着時のPCR検査陰性結果が必要になったことで、日本からのモルディブ旅行は
当面さらに厳しくなったと言えます。
(9月2日現在 モルディブ:感染症危険情報レベル3(渡航禁止勧告)

日本では現状、PCR検査を受けたいからと、どこの医療機関でも気軽に受けることは
まだできないと聞いています。
しかも1回あたり3万円~5万円と高額のようです。
おそらく他の国も同様のケースが多いのではないでしょうか。

ちなみにモルディブでは海外旅行目的のPCR検査は受けることができます。
必要なのは予約済みのフライトバウチャーで、フライトの3日~4日前に検査機関に
赴くことが奨励されているようです。
料金は1回あたり 100-150米ドルとの情報。

今後、モルディブに乗り入れが再開されるであろうシンガポール航空や
キャセイ・パシフィック航空、大韓航空等が、搭乗時にPCR検査結果の提示が必要なのか
どうか、が個人的には気になるところです。

いつまでの措置なのか

この措置はいつまで、という発表はされていないので
「当面は無期限で」ということになります。

モルディブは国籍により入国制限を行っていないため、世界中から観光客が入国できる状態。
そのため、世界的にコロナウィルスが落ち着くまで、そしてモルディブ国内の状況が収まるまで、
この措置は続くのではないでしょうか。

昨日「ローカル島の観光業再開が10月15日からの予定」との発表が観光省により
なされましたが、モルディブ入国時のPCR検査陰性結果提示必須、と変更される今、
受け入れ態勢においていくらか希望の兆しが見えてきた印象です。