モルディブ国内移動方法|ローカル島編

国内線 移動手段

 

モルディブ旅行の計画をたてるとき、避けて通れない移動手段の手配。
日本発着のパッケージツアーを申し込めば旅行会社が全部やってくれますが、最近主流の個人旅行では自分ですべて手配しなければなりません。

”まぁ現地に着いてからなんとかなるでしょ”、と思っているそこのあなた。
その考えを今すぐ改めましょう。
さもなければ貴重な時間とお金を無駄にしてしまいます。

 

モルディブは小さな島々から成る国

そう、モルディブは1200もの小さな島々から成り立っています。
昨年半ば、ヴェラナ国際空港と首都マレ島間に大きな橋が開通しましたが、他の島々も橋でつながっているわけではありません。

モルディブの空の玄関口、ヴェラナ国際空港(旧マレ国際空港)へ降りたったら、既にそこから移動手段の必要性が生じます。

空港島と陸続きのフルマーレと呼ばれるローカル島と、橋が開通した首都マレへは、空港から車やバス、公共フェリーで行くことができます。
予約は必要ありませんし、結構頻繁に出ているので簡単に行くことができます。

でも徒歩では行くことができません。
フルマーレまでは車両で10-15分かかりますし、そもそも歩道が整備されていません。
首都マレ島までも橋こそかかりましたが、まだ空港から端のふもとまでが整備されていないので、歩いて行くことはできません。

フルマーレと首都マレ島までの移動方法は、また次回改めてご紹介するとして。
今回は他ローカル島への移動手段について書き綴りたいと思います。

 

移動手段は主に3つ

ローカル島への移動手段は主に3つあります。

①スピードボート

スピードボート

 

空港からスピードボートで1時間半程度圏内であれば、通常はスピードボートでの移動となります。
観光客が多く訪れるローカル島であれば、首都マレもしくは空港から定期船が出ています。
リゾート島と違うのは、ゲストのフライトスケジュールに合わせた運航ではない点。
あらかじめ運航スケジュールが決まっているので、それに合わせて現地のスケジュールをたてる必要があります。

またこちらは混載ボートなので、早いもの順。
事前の予約ができるボートがほとんどなので、現地の宿泊を依頼した旅行会社やホテルへ移動手段の確保も必ず依頼しましょう。
座席数には限りがあるので、いつも大体空いているから大丈夫でも、団体さんが突然入ったりしたらなくなりますよね。
限られた旅程、効率よく動きたいものです。

 

②定期船フェリー

フェリー

 

スピードボートと違い、かなりゆ〜っくりのフェリーもローカル島への移動手段です。
こちらも定期船があり、空港から比較的近い島(フェリーで2時間程度)までであれば、特に欧米系の観光客の方にもよく利用されています。

ただこちらは観光客向けではなく、主に島民の足として利用されているものなので、現地の人が多く利用する時期には満席で乗れませんし、逆に閑散期は当日急に運休なんてことも。
予約はできますが前日、もしくは当日の朝しかできない船がほとんど、運航時間も突然変更されることがあるので、かなり念密な下調べが必要となります。
長期滞在で時間に融通が利く場合は、ゆっくり船旅もいいかもしれないですね。

 

③国内線

国内線

スピードボートで行くにはちょっと遠い環礁へ行く時は、国内線利用となります。
ヴェラナ国際空港のすぐ隣にあるマーレ国内線空港から、現在2社運航しています。

一番北の環礁まで1時間程度、一番南の環礁までも1時間ちょっと。
観光客に人気のバア環礁やアリ環礁は、片道30分ほどと気軽に行くことができます。
国内線のいいところは、やっぱり空からの絶景モルディブでしょう。
30分なんてアッという間です。

島によっては国内線からスピードボート乗継となります。
その部分のスピードボートは、通常現地の旅行会社や宿泊施設が手配します。
個人で手配は現実的ではありませんのでご注意を。

 

憧れの水上飛行機に乗りたい

モルディブに行くなら乗ってみたい!方も多いはず。

水上飛行機

私はモルディブに来るまで、そもそも水上飛行機の存在自体知りませんでした。
初めて乗った時の感動。
気分は紅の豚。

プロペラとエンジンの音はすごいのですが、そんなのは気にならないくらいの絶景と浮遊感。
特に機体が滑り込むように着水する瞬間は ”おお〜っ” と感動すること間違いなしです。

そんな水上飛行機は主にスピードボートで行くにはちょっと遠い、北マーレ・南マーレ環礁以外にあるリゾートへの移動手段に利用されています。

ローカル島へは水上飛行機では行けないの・・・?という質問の答えは・・・
“手配は可能です”。

かなり割高になりますがチャーター(貸切)か、
【水上飛行機で行くリゾート島で数泊+近場のローカル島で数泊】というオーダーメイドプランですと実現可能です!
←結構人気。

 

天候と海の状況。そしてエンジンの状態。

モルディブは海に囲まれた国。
移動に関しては天候、海の状況にかなり左右されます。

特に季節の変わり目(乾季と雨季)は海が荒れやすく、スピードボートや国内線が急遽運休になることもあります。
移動手段が遅延して国際線に乗れなかった・・・!という目に合わないように、余裕を持ったスケジュール立てが必須です。

そして忘れてならないのはエンジン不調。
スピードボートも国内線も水上飛行機も、エンジンの不調により・・・遅延・・・キャンセル・・・・
なんかが時々あります。
決してめずらしいことではなく、こちらでは想定内の事態なのです。
そのため、帰国便出発時刻に合わせたギリギリの移動は避けるのが無難です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yasu
Yasu 「モルディブ ローカル旅プランナー」 モルディブの首都マレ在住。 モルディブ生活も気付けば8年目に突入。 ローカル島滞在手配を得意とする 「現地旅行会社 S&Yツアーズアンドトラベル」所属。 モルディブの知られざる魅力を現地より発信します! 元JICA青年海外協力隊(24年度1次隊)。 北九州市出身、ネコ大好き。